TOP 学会概要 資格認定制度 information サイトマップ

アジア幼児体育学会大会

Event : The 13th Asian Society of Physical Education of Young Children.
Subject : The Asian Youth Sport Symposium Singapore 2017
Date : November 13th (Monday) to 14th (Tuesday) 2017.
Location : NTU(Nanyang Technological University)
        NIE(National Institute of Education)
        Physical Education & SPorts Science
        http://www.nie.edu.sg

Registration:Registration will start from 31 August 2017 - 18 September 2017.
Registration fees have been waived for all participants.
Accommodation: Oral presenters or poster presenters will have to make their own arrangements. Other representatives will be able to make bookings at the Executive Centre at NTU, but we will require their credit card details first in order to facilitate the process.
        http://www.ntu.edu.sg/nec/Pages/default.aspx
Participants are free to make arrangements for themselves at other hotels.
Apparently the nearest hotel to NTU is Genting Hotel in Jurong East.
Most hotels are nearer the city centre - and maybe more attractive if the participant wishes to spend time closer to the centre of Singapore.
Abstract Submission:Deadline for abstract submission: 2 October 2017
Email your completed abstract to Dr. Nick Aplin @ nicholas.aplin@nie.edu.sg
Guidelines for abstract:
- Download abstract template for submission
- Abstracts and Posters should be presented in English
- Oral presentations during the Symposium should be in English
- Maximum number of words: 200 words
- Include keywords (maximum 5 keywords) Download Abstract Template

〜はじめに〜

 21世紀に入り、科学技術の発展により、人々の生活様式が変化し、 以前と比べて豊かになってきましたが、同時に、近代化の波は、 経済格差の広がりをみせ、便利さとは裏腹に、自然環境や 子どもたちを取り巻く社会環境のネガティブな変化、そして、 心身の健康にも負の影響を及ぼしています。結果、子どもたちの 運動に費やす時間が減少し、運動する場も少なくなり、生活は夜型化し、 就寝時刻が遅く、生活リズムが乱れてきています。 また、子どもの食生活も不規則になり、生活習慣病や肥満、運動不足などは、 増加傾向にあります。
 学会では、これまでの学術的研究の結果を踏まえ、 幼児の健康にとっての運動の重要性を認識し、諸地域の幼児体育に携わる幼児体育研究者と実践指導者、 保育・教育関係者が、お互いに協力・支援し合い、 理論的裏づけによる実践的な指導の普及・振興を図ろうと考えました。 また、保育・教育現場や地域で、健康づくりに寄与する運動あそびのレパートリーを増大し、 運動と栄養・休養との関連性や重要性を伝えられる指導者の育成が急務であると考え、 指導員の養成(資格認定事業)にも力を入れています。

〜更新履歴〜